寿司文化 わさびテロ

起こるべくして起きた、寿司店の「わさびテロ」事件 前編

こんにちは、中野です。
10月に入っても、引き続き台風が続々とやって来るのでなかなか秋晴れの空を拝むことができませんね。
最近の飲食店、外食産業の事情を見ていると、昔では考えられなかったようなことがよく起きる時代になったもんだと感じさせられます。
今回コメントしたいと思ったのは、「わさびテロ」の問題です。あまりにも新しい話題なのでご存じない方もおられるかも知れません。
簡単に解説すると、こんな感じです。

大阪の某所にある、外国人観光客に人気の高い寿司店でのことです。
そこは立地条件やガイドブックに載っているなどの理由から来店客の大半が外国人観光客です。それで業績を伸ばし、店舗数を増やしているほどです。
わさびテロ事件は、そこにやって来た外国人観光客に提供した寿司に入れられたわさびの量が尋常ではなく、これは嫌がらせではないかというのです。
私も寿司職人として、本当かと思ってネット上に出ている問題の写真を見ましたが、確かに多いです。あれだけはみ出していたらさぞやツーンと来たことでしょう。

これに対して、ネットが激しく反応しました。もちろん、賛否両論です。
全部を見たわけではないのですが、この議論を見ていて本質に突っ込んだ意見が少ないなと思いました。
この問題の本質は、「マナーの悪い客」と「了見の狭い板前」のバトルではありません。極論かも知れませんが、異文化同士がぶつかり合った時に出る火花みたいなものではないかと思うんです。

おそらくこの寿司店の板前さんは普段から外国人観光客による不見識にイライラしていたのでしょう。全員が寿司のことをちゃんと理解しているとは到底思えないので、謂れのないようなクレームを付けられたこともあったと思います。
嫌なら来るな、と思ったこともあるでしょう。
そこへ来て、その板前さんの堪忍袋の緒が切れるような出来事があって、だったらわさびをたっぷり入れてやろうと思ったとしても、不思議ではありません。
とばっちりを食らったのは、そのわさびテロに遭った人です。その人が来る前に溜まっていた鬱積みたいなものに対する腹いせを自分にされても、と思ったでしょう。

もともと、寿司店というのはちょっと敷居の高い飲食店です。
メニューが一切書かれておらず、板前さんとのやり取りで食べるものを決めていくというスタイルも珍しくありません。もちろん、そこに価格表示も無く、すべてやり取りの中で値段が決まっていくようなこともあります。
それ大して、回転寿司のようにカジュアルさを前面に出した寿司店もあります。この両方は真逆すぎて全く相寄れない存在ですが、どちらも寿司店であることに変わりはありません。

この話は長くなるので、後編に続きを書きます。

外食産業とエンターテイメント

競り 魚 磯一

こんにちは、中野です。
いよいよ9月も終わりですね。夏がなかなか終わらないと思ったら雨が続いています。これが終わったら一気に涼しいのを通り越して寒いくらいの季節になるんじゃないかと思ってしまいます。
ただ、やはり食べ物がおいしい季節になったことは実感できますね。まさに、食欲の秋です。

今回は、私たち磯一グループを含む外食産業とエンターテイメントの関係についてちょっと真面目に論じてみたいと思います。
居酒屋という業態は、お酒と料理を楽しむところです。お酒を楽しむことが中心にあるので、お酒に合うメニューが豊富に揃っています。
この、とてもシンプルな業態の外食産業が、今はとても多様化しています。激安路線を突き進む居酒屋チェーンもありますし、こだわりの料理を出しているところもあります。
それに加えて、最近はエンターテイメントの要素も大切な時代になりました。
美味しいお酒と料理に加えて、「楽しさ」の提供です。

例えば、磯一グループの店舗で西中島にある「海の家」では、オークションのイベントを開催しています。
普通に注文をすると4000円を下らないような高級食材を100円から入札を受け付け、それを落札した人の指定通りに調理してお出しするという具合です。あくまでもオークションなので、100円で入札をして終わったとすると、4000円の伊勢海老が100円になります。
さすがに高級食材はお好きな方も多いので、それで終わることはありませんが(笑)

このイベントはお客様にも好評で、魚市場で行われている競りの感覚で楽しんでいただいています。落札したお客様には美味しい魚介が、落札できなかった方にとっても入札に参加することで話が盛り上がるグループのお客様も目にするので、話題作りにも良いのではないかと思います。

これ以外にもマグロの解体ショーなど見ごたえのあるイベントなどにも趣向を凝らしているので、それをお目当てに来られるお客様もたくさんおられます。

以前であれば、こういったイベントはほとんど見ることがありませんでした。
美味しい料理さえ出していればお客さんは来る、という考えが通用していた一面もあったからです。
そうはならないところに今時の消費に対する多様化があります。

美味しくて楽しい居酒屋・・・
これからの外食産業に求められるものを的確にとらえて、時代に合ったお店作りをする大切さは、まさにこの点にあると思います。

%e5%ba%a7%e5%8f%b3%e3%81%ae%e9%8a%98

ネット上にあふれる名言について

こんにちは、中野です。
今年は本当に大きな台風が続々と来襲してくるので、秋らしい日がまだ全然やって来ませんね。このまま冬になってしまうのではないかと思ってしまうほどです。
地域によっては災害になってしまっているレベルなので、一連の台風で被害に遭われた皆様にはお見舞い申し上げます。

私は色々な言葉を、日々の仕事に反映するということを大切にしています。
信念や経営理念、経営方針、座右の銘など色々なところで言葉を大切にしながら磯一グループを経営しています。このことはスタッフにも日々伝えるようにしていますので、私と同じように言葉を大切にしながら日々の仕事に取り組んでくれています。

そもそもこうした言葉というのは、本当に自分のためになると思ったものを大切にするのが本筋だと思うのですが、最近はこういう「いい言葉」氾濫しているように感じるのは、私だけでしょうか?
ネットで検索をするとたくさんの「名言サイト」がありますし、Facebookやツイッターなどで日々、いい言葉を投稿している人も見かけます。こういう人たちはいい言葉をコレクションしているだけのように見えてしまって、本当にその言葉を自分のものにしているのかどうかと考えると、いささか疑問も残ります。

たくさんあるいい言葉の中から、自分に合うと思うもの、気に入ったものを座右の銘にするというのは、昔からよくあることでした。そういうことの助けになるような名言本も昔からたくさん出版されています。
その時代にはあまり気にならなかったのですが、ネットの時代になると、どうも名言が簡単に手に入りやすくなりすぎたというか、その結果として安っぽくなってしまったというか・・・。
私のブログでもそういう話をするので他人ごとではないのかも知れないのですが(笑)

私は「凡事徹底」という座右の銘を、ずっと大切にしてきました。このブログのタイトルにしているのも、そのためです。
当たり前のことを当たり前のように、誰もができないくらい努力するというのがこの言葉の意味(私の解釈も含まれています)で、それを常に頭に置きながら日々の仕事に取り組んでいます。
このことは、これからも変わることはないでしょう。なぜなら、凡事徹底をしてきたからこそ今の私があるわけで、今の磯一があるのです。よく私のように飲食業でやっていきたいという若い人からの相談を受けますが、それなら凡事徹底をするべきとアドバイスをしますが、それを自分のものにするかどうかは、その人次第です。もしかすると、その人にとって大切なことは他にあるかも知れないので、それぞれの人が大切にしたいと思う言葉を座右の銘にすればよいと思います。

大切なのは、毎日のように名言のシャワーを浴びることよりも、本当に大切な言葉をずっと大切にして実践し続けることだと思います。

ryouri06img

磯一グループ名物 「牡蠣のカンカン焼き」

こんにちは、中野です。
いよいよ秋本番、食欲の秋がやって来ました。今年はサンマが不漁でお値段もあまり安くないので、秋の味覚の王者が不在というちょっと寂しい秋ですが、それでもサンマの良いものがないわけではないので、磯一各店でも秋の味覚としてサンマをお出ししています。

さて、今回の主役はサンマではなく牡蠣です。
磯一グループ各店には名物として「牡蠣のカンカン焼き」というちょっと変わった名前のメニューがあります。カンカンとは、金属でできた缶のことです。
大阪弁で缶のことをカンカンと言いますが、その意味合いだと思ってもらえれば良いと思います。

蓋をすることができるカンカンに牡蠣を入れて、それをコンロにかけて蒸し焼きにします。
すると牡蠣のうま味を逃がすことなく中で熱気が循環し、いい具合に火が通ります。カンカンの蓋を開けた時には磯の香りという表現がぴったりな、美味しそうな香りが立ち込めます。

牡蠣には、色々な食べ方があります。
焼いて食べるのも定番のひとつですが、その場合は網などに乗せて焼くのがよくある調理法です。
香りを逃さないため、そして見た目にも豪快な「漁師めし」の雰囲気を楽しんでいただくために、大きなカンカンに牡蠣を入れて、それをお客様の目の前で蒸し焼きにします。
おいしく食べる楽しみだけでなく、見た目の楽しさ、雰囲気の楽しさも料理の大切な要素なので、それを大切にしている名物メニューです。

外食産業は、創意工夫の世界です。
美味しい料理を出しているのは当たり前のことで、それだけでお店が繁盛する時代ではありません。それは私が時折口にしている死事であり、未来を明るくする志事ではありません。
見て、味わって、体験して楽しんでいただくというのは磯一グループが大切にしているクオリティですが、この「牡蠣のカンカン焼き」でもそのコンセプトを表現しています。

おすすめの名物メニューなので、牡蠣がおいしくなるこれからのシーズン、ぜひ磯一グループ各店でお楽しみください!

テレビ離れ

テレビ離れという「言い訳」について、一言献上

こんにちは、中野です。
先日の広島カープ優勝は、カープファンにとってはもちろんですが、社会的にも大きな事件だと思います。
そんな事件の中で目についたこと、気になったことがあるので今回は一言ツッコミを入れてみたいと思います。

ご存知の方も多いと思いますが、広島カープが優勝した試合のテレビ視聴率がとんでもない数字だったことが分かりました。
平均視聴率でも66%で、最高瞬間視聴率は驚愕の77%でした。
もちろんこれは広島地区での話ですが、他の地域でも高い視聴率をマークしました。
これはすごいことだ!という論調で紹介していたテレビ番組を見ていて思ったのですが、最近はテレビの視聴率が以前ほど高くはならず、25%を獲得できれば高視聴率だというのが常識になっています。
大手民放が4系列あるので、そのうちの4分の1が獲得できていればOKというわけです。
そこへ持ってきて77%なのですから、その数字がいかに凄まじいか分かりますね。

テレビの視聴率と言えば、これまで大晦日の紅白歌合戦が50%を超える視聴率をマークしていて、メガコンテンツの代表格のように見なされてきました。
しかし、最近では50%を超えることもままならず、低下の一途です。
それを挽回するために他局のキャラクターを起用してみたりしているようですが、決定打ではありません。妖怪ウォッチが大流行した時には「ジバニャン」が登場するという節操のなさでしたが、それなら今年はさしずめポケモンのキャラクターが登場するのでしょうか(笑)
そんな痛々しいことしていても視聴率が大幅に回復することがない世の中で出た77%という数字なので、テレビ界にとっては驚異的な事件なのです。

最近はメディアの多様化が進んでいるのでテレビを見る人が少なくなった。
ネットやスマホの普及でテレビ離れが進んだ。
・・・こんな論調でテレビの視聴率が全体的に下がっていることの理由を社会構造の変化に求めているような気がしますが、ここで重要な視点がひとつ抜け落ちているように思います。
それは、「テレビが面白くない」という事実です。
動画配信サイトのYoutubeを舞台に自分で制作した映像を配信する、ユーチューバーという人たちの中にはテレビよりも人気を集めている人もいます。
製作費を比較したら、おそらくテレビの何十分の1、何百分の1でしょう。そんな個人放送局が、大手テレビ局をしのぐ人気を集めているわけです。

そこへ持ってきて、広島の77%という視聴率。
メディアが多様化しようと、テレビ離れが進んでいようと、人々が見たいもの、面白いものが放映されていればテレビを見たいと思うわけです。
いわゆるゴールデンタイムに放送されているバラエティ番組を見ると、その時に人気のあるタレントが似たようなことをやっているだけで、目新しさや「どうしても見たい」と思うような要素はありません。

テレビというメディアにはまだまだ役割があることが証明された以上、皆が求めているものは何か、見てもらえるものは何か、それを考えなければこのまま凋落していくことが示されたきっかけになったのではないでしょうか。
テレビ制作にも、志事と死事の大きな違いがあるということですね。

広島 優勝 志事

広島カープ優勝という歴史的事件は決して意外なことではない

こんにちは、中野です。
いよいよ秋本番、プロ野球界でも秋の訪れを感じさせる話題が多くなっています。
その中でも最大の話題と言えば、今週はやはり広島カープの優勝でしょう。

リーグ開幕から強さを発揮して、セリーグ他球団(特に阪神と巨人)が波に乗れないのを尻目に快進撃を続けた結果、結果としては圧倒的な強さで優勝を果たしました。
これだけの強さを発揮しているチームなのに、実は優勝は25年ぶりのことです。
確かに、最近でこそ広島は強いという印象を受けますが、それまでは万年Bクラスのチームだったこともありました。
よく阪神と一緒に最下位争いをしていたものです。

そんな広島カープが、なぜ今年はこんなに強かったのでしょうか?
勝負事なので色々な要因がありますが、何と言っても最大の要因は勝つための準備が出来ていたことだと思います。
野球で勝つための準備とは、選手の育成、補強、そして個々の選手の練習です。これらすべてが揃った上で、勝つための戦略、作戦があってチームは勝利に導かれます。
もちろん時の運もあるでしょうが、その運を引き寄せるためには準備が出来ていないといけません。準備なくして幸運なし、です。

今年の広島カープはそれが揃っていたから優勝したと言っても、去年までの広島がそれをやっていなかったわけではありません。
ここ数年の広島カープは上位に食い込むことが多く、いつ優勝してもおかしくないチーム状態でした。今年はそれがさらにフォローの風が吹いたことが優勝につながったとすると、広島の黄金期はまだ続くかも知れません。
他のチームが今年のようにモタモタしているようであれば、V2もあるかも知れません。

私はよく、志事の大切さを説いています。
このブログでもそうですが、社内でもよくその話をします。
それだけ大切なことだということですが、志事の意味を知らないことには努力の仕方を間違えてしまう可能性があるので、最初に「志事とは何か」という定義を知っておくことがとても大事だと思います。

広島カープの首脳陣や選手たちが志事の意味を理解し、本当に勝つための準備してきたことが優勝につながったわけです。
どれだけしんどい練習をしたとしても、それが勝つためのものでなければエクササイズでしかありません。目的・目標を設定して、そのために必要なものをリストアップする。そして順序に従って努力を重ねていく。とてもシンプルな考え方ですが、それが出来るか出来ていないかは、プロ野球の成績にも大いに関係があるということなのでしょう。

「成功哲学本」を熟読した人が成功しない理由 後編

成功哲学本 成功しない 理由

こんにちは、中野です。
成功する人にとって必要なことは何かというお話も3回目になりましたが、さすがに長くなってきたので今回で終わりにします。

2つ前の投稿にさかのぼって、成功哲学本がこれだけ書店にあふれていてビジネス書の一大ジャンルとなっている理由は、ここまでのお話でお気づきかと思います。
そうです、この手の成功哲学本はひとつのエンターテイメントだと思うのです。読んだだけで成功したような気分になれる、成功できる人間になった気分になれるというのは心地よいものです。その高揚感を与えてくれるという意味で、こうした本の役割は娯楽です。
面白い小説を読み終えた後の充実感と同じだと思うのです。

成功するというストーリーは他人から与えられるものではなく、自分で作り上げていくものです。
私が見てきた成功者には、一人として同じストーリーを演じてきた人はいません。それぞれがオリジナルのストーリーを作り上げて今に至っています。
本やネットなど、成功する方法を教えてくれるメディアはたくさんあります。しかし、だからといって成功できる確率が高くなったわけではありません。その情報を生かすも殺すも、その人次第です。

私はいつも、日々の仕事を通じて自己実現をしてほしいというニュアンスのことをスタッフに伝えるようにしています。このブログもその一環で、私の考えをまとめた本も製作しました。
これぞまさに成功哲学本かも知れませんが、私が作った本は娯楽本ではありません。磯一グループという場所で、いかに自分を磨いて成功していくかという実践的なことしか書いていません。
私自身が失敗したことも具体的に書いているので、そういう意味では面白いかも知れませんが(笑)

志事と死事の大きな違い、目的と手段の正しい棲み分けなど、成功するために必要なことは実は目の前にあったりするものです。
本屋さんにある成功の方法は万人に対して投げかけられているメッセージであり、今の自分が置かれている状況に落とし込むには内容を正しく理解して当てはめる作業が必要です。

それができて初めて、他人が作った成功哲学を自分のものにできるのではないでしょうか。
ちょっと長くなりましたが、世の中にあふれる成功哲学に対して思うことを述べさせてもらいました。

「成功哲学本」を熟読した人が成功しない理由 中編

成功哲学本 成功しない 理由

こんにちは、中野です。
前回に続いて、成功する人の目的と手段のお話をしたいと思います。

努力をしていない人が成功したいとどれだけ願っても、それは宝くじの当選を願うようなもので非現実的です。
しかも、努力をしていない人というのは宝くじすら買っていないようなものですから。
そうではなく、時間も体力も使って努力をしているのに成功になかなか近づかない人に対する問題提起をしたいと常々思っています。

成功哲学本を色々と見ていると、だいたい書かれていることは同じです。
よくよく考えてみれば当たり前のことが多いのですが、そこは書き手の文章力もあって上手に夢を見させてくれます。
そして、本を読んでいるうちに楽しい気分にもさせてくれます。
そしてさらに、ここから先が問題だと思うのですが、それを読んだことによって高揚感も得られるので、すでに自分が成功者の仲間入りをしたような気分にもなってしまうのです。

ダイエットをしようとしてスポーツジムの会員になった人が、すでにダイエット効果を実感したような気分になるのと同じです。
本当にダイエット効果が出るのはスポーツジムに毎日のように通って、そこで体を動かしてからの話です。
つまり、成功哲学本を買っただけではスポーツジムの会員になっただけの状態と同じで、「まだ何もしていない」のと同じということです。
もちろん、本を買ってみよう、スポーツジムの会員になろう、と考えた思考そのものは目的に向かうための貴重な第一歩です。
ですが、まだ第一歩にしかすぎないというところが重要なのです。

磯一グループには、たくさんの成功者がいます。
その全員に共通しているのは、成功哲学を自分で見つけていることです。もちろんそれに対するヒントは私や会社から色々と伝えさせてもらいますが、最後にそれを理解して行動するのは本人です。
それができるかどうかは大きな分かれ目になるので、仮にそのキッカケや情報源が成功哲学本でも一向にかまいません。

「こうすれば成功する」という情報を得たのであれば、それを実践することが大事です。
それぞれの個人がどんな本を読んでいるのかは分からないので一概には言えませんが、磯一グループで成功している人、そこから独立をして自分の店を繁盛店にしている人などを見ていると、あまりそういう本に教えを求めているようには見えません。
それよりも、目の前にある生きた教材のほうが自分のためになると考えているのかも知れません。

(つづく)

「成功哲学本」を熟読した人が成功しない理由 前編

成功哲学本 成功しない 理由

こんにちは、中野です。
いよいよ夏も終わりに近づいてきました。オリンピック、高校野球も終わって気づけばセリーグは広島が優勝マジックを着実に減らしていたりと秋の訪れを感じさせるニュースが目に付くようになりました。

そんな季節に、ちょっと気になることがあったのでちょっと長々と書いてみたいと思います。結構長いので3回に分けて投稿しようと思います。

成功哲学本、自己啓発本という類の本がありますね。
「○○すれば成功する」みたいなことが書かれている本のことです。最近は本だけでなく、ネット上の記事にもそういう感じのものが多くなった気がします。
それだけ、成功したいと思っている人が多いということですね。
そのこと自体は、とても大事なことだと思います。
しかし、これだけたくさんの成功哲学本があるのに、その本の数と成功している人の数が比例していないと強く感じます。

これって、ナゼでしょうか?

ちょっと本屋さんに行ってみると分かりますが、この手の成功哲学本というのはビジネス書の中でもかなりのウェイトを占めています。一大ジャンルと言っても良いでしょう。
「これをやったら成功しない」とマイナスを防ぐ視点で書かれているものもあれば、「成功している人はこれをやっている」というように成功している人の生活習慣や考え方から逆算してマネをすれば成功するという切り口のものもありますね。

実際、こういう本を好んで読む人を知っています。
その人が成功しているかどうかはともかくとして、どれだけ読めば納得するの?と思うほどこういう本を読みふけっているのは事実です。

こういう姿を見て私が思うのは、目的と手段の逆転です。
私はいつも「志事」と「死事」には大きな違いがあって、それを間違うとせっかくの努力がムダになるばかりか逆効果になると伝えています。
そうです、ここでも同じことを言っているのです。成功したいというのは目的であって、手段ではないのです。
成功哲学をたくさん勉強すれば成功するのではなく、その哲学を実践して初めて成功への道が開かれるのです。

この違いを見誤ると、先ほども述べたようにせっかくの努力がムダになってしまいます。
努力しない人が成功したいといくら思ってもそれは非現実的だと思いますが、せっかく努力しているのにそれが報われないのはもったいないですよね?

(つづく)

トップアスリートたちの素晴らしい志事

リオ オリンピック 志事

こんにちは、中野です。
連日暑い日が続いていますが、地球の裏側であるブラジルのリオデジャネイロでも連日熱い戦いが続いています。
メダルラッシュという言葉は、まるでメダルを獲ることだけが目的のように感じるのであまり好きではありませんが、その言葉を有言実行している日本代表の選手には脱帽です。

これらの選手たちが自分の目標を続々と達成している姿を見ると、本当に清々しい気持ちになります。
彼らトップアスリートにとっての目標はたくさんあると思いますが、その中でも競技によってはオリンピックという存在がとても大きいわけで、特にそのことは前半戦の水泳、柔道、体操で強く感じました。
それぞれの競技には世界的な大会があるのですが、やはりオリンピックというとその中でも特別な存在なのでしょう。
そんな大舞台で自分の実力を発揮するというのは、とても難しいことだと思います。緊張もするでしょうし、その日にコンディションをうまく持ってくるのも簡単なことではありません。
しかし、彼らはそれをやってのけたのです。だから、結果がついて来たのです。

これって、ものすごいことだと思います。
私は常々、目標やゴールを設定してそれに向かって取り組むことを志事と呼んでいます。志(こころざし)があることだから、志事というわけです。
トップアスリートたちが取り組んでいるのは、この志事に他なりません。オリンピックという舞台をゴールに持ってきている選手にとって、4年間というのは壮大なレースのようなものです。与えられた時間は誰にとっても同じですが、その時間をどう使うか、自分をどう成長させていくか。それをコーチと一緒に考えて取り組み、時にはうまくいかない時を何度も乗り越えながら目標に向かって一歩一歩進んできたわけです。

その姿にスポットが当たることはあまりありませんが、それはそれは地道なものだと思います。
私たちはその結果や集大成を見ているだけなので簡単なことに感じる人もいるかも知れませんが、私はそこからにじみ出ている志事の積み重ねにどうしても目がいってしまいます。
体についた筋肉を見れば、その人がどれだけ練習を積んできたのかが分かります。勝負を終えた時の涙を見ると、その人がどれだけ苦しい思いをしてきたのかが分かります。
だからこそ、大舞台で人々は感動をもらえるということですね。

まだまだオリンピックは続きます。
テニスでは錦織選手が96年ぶりのメダルという志事を成し遂げました。自分の競技を振り返って「出し切った」と明言した選手もいました。それが言い切れることは、実はとても幸せなことなのだと思います。

私が取り組んでいる志事、磯一グループのスタッフが取り組んでいる志事は、こうしたトップアスリートが取り組んでいることとは次元が違うかも知れませんが、その根本にあるものは同じです。
自分を成長させたい、そして成功できる自分になりたい。その思いがブレずにある人は、トップアスリートであってもそうでなくても自己実現ができる人です。結果が目標通りではなかったとしても、その結果に満足できる人だと思いました。

まだまだ頑張れ、ニッポン!