陥没に気づいた志事、穴をふさいだ志事

博多 陥没 志事

こんにちは、中野です。
いよいよ冬将軍が本気を出してきたようで、大阪も寒い日が続いていますね。
雪国では死者が出るほどのドカ雪が降ったりしているので、将軍が大暴れしています。
本当はこの話は去年に書こうと思っていたのですが、とても心に残った一件なので書いてみたいと思います。
去年の11月に、博多の市街地ど真ん中で大規模な道路陥没があったことを覚えている方も多いと思います。まるでブラックホールのように、道路に開いた穴に交通標識や信号機などが吸い込まれていく映像に恐怖すら感じました。
これだけの「大惨事」が起きているのに、奇跡的にけが人が出なかったということも、とても象徴的でした。私も通ったことがありますが、博多の駅前にあるメインストリートのような道なので、そこを通っている人がいなかったことがとても不思議でした。
よくよくこのニュースを深堀りすると、この奇跡は決して偶然ではなかったことが明らかになってきました。

この陥没は、現場の作業員がかなり早い段階で察知していました。
これは危ないということで立ち入り禁止にすることを具申して、その措置が犠牲者を防いだのです。現場の人たちの安全に対する意識の高さと、その現場からの声をしっかりと聞き入れて立ち入り禁止の措置をとった責任者も大したものです。
もし、これが単なる杞憂に終わっていたとしても、この判断を非難してはいけなかったと思います。
これは、現場の人たちによる素晴らしい志事の成果ですね。

それともうひとつ、この陥没事故では素晴らしい志事がありました。
そちらはご存知の方も多いと思いますが、あの復旧の速さです。見る見るうちに穴がふさがれ、舗装され、何も無かったような状態になったことには世界も驚愕しました。
本当にここに巨大な穴があったの?と目を疑いたくなるような光景だったので、とても印象に残りました。
日本の土木技術は素晴らしい!という論調も多く、確かにその通りだと思いましたが、それ以上に現場の人たちの心意気を感じました。
もし私がこの現場に関わっていたとしたら、「これだけ注目されていることやし、一丁プロの仕事を見せてやるか」という気持ちになったと思います。ここは頑張りどころだ、としてモチベーションが上がったと思うのです。
私が思うに、この陥没事故の現場でも似たような意識が共有されていたのではないでしょうか。だからこそあれだけの速さで穴がふさがり、前よりもきれいな道路になったんだと思います。
日本の技術力の素晴らしさと同時に、この現場の人たちの志事に対する心意気も素晴らしかったと思います。

今年の一文字の志は、「確」+「思」です

こんにちは、中野です。
新年は磯一グループで必ず、今年のコンセプトとして「一文字の志」を決めています。
去年は「確」という字にしました。その時の決意表明がこちらです。

そして今年、平成29年はというと・・・
去年と同じ「確」に加えて「思」としました。

磯一 中野 平成29年 一文字の志

一文字の志なので本来は1つの字にしないといけないのですが、今年は例外で2つです。
それには、理由があります。

去年の「確」という字には、これまで積み重ねてきたこと、取り組んできたことを確かなものにするという足場固めという意味を込めていました。
「確」という字には「しっかり」という読みもあるので、しっかりとしていくというコンセプトですね。去年の記事を見ても、「今あるものを大切に、しっかりと足場を固める」という記述があります。
今年もこの字を使ったのは、この目標がイマイチできていなかったという自己反省があるからです。まだやったことがないことへチャレンジすることよりも、今あるものに感謝して足場を固めるというのは実は難しいと思います。なぜなら、「今あるもの」というのはあまりにも身近過ぎて目に見えにくいからです。
その反省を込めて今年も「確」という字を掲げたのですが、なぜ去年それがイマイチできなかったのかを考えた結果、足りなかったのは思いではないか?という結論に至ったので、「確」+「思」です。

毛筆の色紙にプラスの記号を書くのはちょっと違和感あるかも知れませんが、2つの文字を合わせることで目標達成に近づくのではないかということで、プラス記号にも登場してもらいました。

強い思いを持って、今あるものを確かにしていく―。
そんな磯一グループをイメージしていただければと思います。

日経BizGate 中野 磯一

日経BizGateの「私の道しるべ」に紹介されました

こんにちは、中野です。
本格的な仕事初めとなり、皆さんもいよいよ平成29年という年が本格的に始まったことと思います。

さて、今回はちょっとお知らせしたいことがあります
日経BizGateというサイトが運営している「私の道しるべ」という特設サイトに、私が登場しています。
この「私の道しるべ」というのは色々な業界で頑張っている経営者の人たちにインタビューをして、その思いを紹介するというサイトで、私以外にもたくさんの人たちが登場しています。中には結構な有名人の顔ぶれもチラホラ。

私が登場しているのは、このページです。

私の道しるべ 中野竜次

さすがプロですね、写真もかなりカッコよく撮ってもらってますね(笑)
「未来の日本へ リーダーたちのメッセージ」というサブタイトルがあるように、ここでは自分がこれまでやってきたことを通じて、若い人たちにメッセージを届けるという主旨のインタビューが紹介されています。
このブログでも磯一フードサービスがどんな軌跡をたどってきたかを詳しく紹介していますが、この記事でもそれを軽く語っています。

ご覧いただけると分かると思いますが、何と動画もあります!

この記事で私がお伝えしたかったのは、人を信頼することの大切さです。
飲食業は人がいないとお店の営業すらできません。磯一グループもたくさんのスタッフの頑張りがあってこそ、現在の姿があります。
スタッフを信頼して、任せる。そして成長を温かく見守るという関係は、口で言うほど簡単なことではないと思います。
私は自分が繁忙期に倒れてしまったという経験からこのことを学びましたが、それは貴重な気づきだったと今も思っています。

これからも磯一グループは人を大切にする会社、人が成長できる会社でいきます!という決意表明でもあるので、ぜひ動画もご覧ください。

新年あけましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。
磯一フードサービスの中野です。
各方面で新年のご挨拶をさせていただきましたが、こちらでも正式にご挨拶をさせていただきたいと思います。

今年の正月は天候にも恵まれ、とても穏やかな正月でした。
去年が激動の一年だったこともあって、それと対照的に落ち着いた年の始まりなのかなと感じさせる正月でもあったように思います。
しかし、実際はそうではなく、今年も去年よりも激動の一年となるでしょう。むしろ正月が穏やかだったのは、安定への願望なのかなとも感じました。

もう今さら触れるまでもないですが、アメリカでは不動産王で暴言王のトランプ氏がいよいよ大統領になりますし、世界各国でポピュリストと呼ばれるような人たちが続々とリーダーになっていく年になると思います。
ポピュリストというのは自国の利益を最優先する、いわゆる右寄りの政治家のことです。「アメリカを強い国に!」というメッセージはアメリカ人にとってはとても心地よいものなのなので、それに乗ってトランプ氏は大統領の座を射止めたわけですが、その流れは世界中に伝播していくと思います。いえ、すでに伝播していますね。

アメリカの選挙戦では、ポリティカル・コレクティブという言葉が盛んに登場しました。
私も初めて聞く言葉だったので何かなと思って調べてみたら、「政治的に正しいこと」という意味だそうです。「人はみな平等である」「自由である」「差別はいけない」「世界を平和に」というメッセージはどれも正しいことを言っているとは思いますが、それにアメリカ人はうんざりしているというのです。
確かに、トランプ氏の発言はそれを真っ向から否定するようなものばかりです。だからこそ暴言王と呼ばれてきたわけですが、それがいよいよ単なる暴言ではなく現実になるということです。
日本でいう、建前のようなものが崩れていくという感じでしょうか。

私はこの、建前というものを重んじています。
建前があるからこそ理想があるわけで、理想があるからこそ目標が生まれます。
最初から目標を定めず、その場限りでやりたいことをやる、という毎日を繰り返していても長い目で見た時によい結果は得られないでしょう。
大きな目標を達成するには必ず、長期的なビジョンとコンセプトが必要なのですから。
こんな時代だからこそ、初心を忘れず普遍的なものを大切にしていきたいと思うのです。

というわけで、今年も磯一グループはこの思いを共有して全員が自己実現をできる会社、お店であり続けるよう頑張ってまいりますので、よろしくお願いいたします!

今年もありがとうございました

こんにちは、中野です。
いよいよ大晦日、平成28年という年が終わろうとしています。
今年の年末は好天の日が多いですね、大晦日の今日も冬とは思えないようなすがすがしい青空が広がっています。
今年は「確」という一文字の志を掲げて1年を過ごしてきました。この「確」という字には、これまで積み重ねてきたものをより確かなものにするという足場固めの年にしたいという思いを込めていました。
結果として良い1年になったので、「確」は達成できたかなと思っています。

それにしても、今年は大きな事件が多い年でした。
少々のことでは驚かないほどのニュースの連続で、その影響は来年以降も続くでしょう。ちょっと大げさかも知れませんが、何となくそれまでの価値観が変わってしまうきっかけになった年だったのかもという気もしています。
それが良い方向であれば問題ないですが、どうもそうでもないようです。

来年がどんな年になるかを、今からあれこれ考えても鬼が笑います。
最近の時の流れの速さを考えると、昔よりもはるかに先が読めません。そんな激動の時代だからこそ、人が持っている普遍的な価値が大切にされるべきです。
このブログでも、私の本でも、そして社内のミーティングなどでことあるごとに語っていることですが、やはり人の真心に勝るものはありません。誠実に物事と向き合っていれば、それがやがて結果につながるというのはこれからも変わらないものです。
どんな時代になっても、それだけは失わないように真心と感謝を持ち続けたいと思います。

これをもちまして、年の瀬の挨拶としたいと思います。
皆さま、本年は本当にありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

それでは、良い年をお迎えください。

クリスマスも終わり、いよいよ年末モードですね

こんにちは、中野です。
年末の一大イベント、クリスマスが終わっていよいよ年末モードになりました。テレビのニュースで流れてくる映像は年越しの準備をするような人たちの映像が多くなっているので、否応なしに年末気分になりますね。
磯一グループ各店も忘年会シーズン真っ只中ということで、多くのお客様にご来店いただいています。

今年は本当に大きな事件が多い年だったので、年末になるとそんな思いが色々とこみ上げてきます。そんな激しい時代の移り変わりの中で私たち磯一グループが平和な一年を過ごすことができたのは、それだけでも御の字なのかなと思います。
ちょっと下世話な話になりますが、今年は文春砲という流行語まで生み出されたほど、マスコミに個人のプライベートが大きく取り上げられた年だったようにも思います。そこでどんな会話が交わされているかはともかく、あんなに個人のプライベートが赤裸々に暴露されて良いものかと思ってしまいます。
海の向こうのアメリカでは私用メール問題が起きたり、韓国では大統領の個人的な友達である人が公私混同をしたことが国家的な危機に発展しましたね。以前にも増して、「情報」というものが大きな影響力を持っていることが改めて示されたと思っています。

磯一グループにとっても、この情報という巨大な魔物には色々と振り回されている気がします。口コミサイトに投稿されたことによってお店の評判が上下したりするのはもちろんのこと、他にもネット上の風評被害に近いような事態も過去にありました。
かつて飲食店の情報と言えば口コミ(ネットのほうではなく、本当に人から人への口コミです)の情報しかなく、実際に行った人が「あの店は良かった」と人に勧めることで情報が拡散していきました。それが今では口コミサイトを見るだけで赤の他人が行った時の口コミを見ることができるようになっています。
それゆえに無責任な投稿も多く、それがあたかも大勢の意見であるかのように見なされていることにも、若干の怖さを感じたものです。

年末モードだからといって、まだ今年が終わったわけではありません。
忘年会のクライマックスもまもなくなので、残り少ない平成28年をしっかりと過ごしていきたいと思います!

高齢者事故の多発に思う、己を知る難しさ

こんにちは、中野です。
師走になると気ぜわしくなるので交通事故が多くなると言われていますが、最近はそんな師走がどうのこうのという以前に高齢者の痛ましい事故が連続して起きていることが気になります。
本人はまだまだ若いので運転などお手の物と思っていたら、ブレーキとアクセルを踏み間違えて病院やコンビニなどに車ごと突っ込み、死傷者が出てしまうという事故は、もう何度あったことかと思うほど多いですね。
福岡で起きた事故では、車のブレーキがずっと効かなかったといっているようですが、これが本当だとすると「車のブレーキが壊れていた」ということやブレーキ操作そのものを間違っていたと考えられるので、どっちにしてもそれで亡くなったご夫婦の無念は計り知れません。一緒に子供も歩いていて、子供の目の前で両親が亡くなったのですから、もうかける言葉もありません。

こうした一連の事故に思うのは、己を知る難しさです。
最近では高齢者に対して運転免許の返納を奨励する動きがありますが、これに応じているのは全体のごくわずかです。
何でも大阪は全国でもトップクラスの返納率だそうで、その理由が返納時の特典にあるというのですから、実に大阪らしいですね(笑)

話は戻って、高齢者に対して「あなたはもう運転できなくなるのだから、運転免許を返納して」と言っても、なかなか応じてはくれないでしょう。
なぜなら、これだけ多くの交通事故が起きていても高齢者の多くは「自分は大丈夫」と思っているからです。自分はまだまだ運転できるので返納する必要はないと思うのは、不自然なことではありません。
昨日まで普通に運転できていた人が明日突然交通事故を起こすとは、誰も考えませんよね。
ここに、己を知ることの難しさがあります。
人間はどうしても物事を自分の都合良く解釈したがるものです。本当にその人の運転技術が問題ないのかどうかの前に「まだまだ大丈夫」という気持ちのほうが前に出てしまい、いつしかそれが客観的事実であるかのように感じてしまうのです。

この問題は、何も高齢者の交通事故だけではありません。
何事にも言えることです。
私がよく「志事」と「死事」の違いについて話していますが、これも己を知ることの難しさゆえの違いです。
自分のやっていることが正しい、これでいいに決まっていると思い込んでしまうとせっかくの頑張りが「死事」になってしまうんですね。

自分自身も含めて、常に己を知るということに敏感でありたいと思います。

沖縄にあるライブ居酒屋というエンターテイメント

こんにちは、中野です。
いよいよ冬本番、時々寒さがマシな日があったかと思えばまた再び冬将軍がやってくるという季節になりました。
それと同時に忘年会シーズンに突入しているので、磯一グループ各店も多くのお客様にお越しいただき忙しく賑やかな季節となりました。

そんな寒い時期なので、ここは南国・沖縄のお話をしたいと思います。
沖縄というと思いつくものは限りなくありますが、外食産業に身を置く者としてここは沖縄の居酒屋事情について語ってみたいと思います。
沖縄の居酒屋というと、特徴的なのが民謡ライブが楽しめる居酒屋ですね。那覇市内にある国際通りにはたくさんの民謡ライブ居酒屋があって、そこでは沖縄の民謡を生演奏で楽しめる上に、沖縄名物の料理やお酒を楽しむことができます。
これだけ魅力があれば、当然お店は大繁盛です。国際通りだけでも数えきれないほどの民謡ライブ居酒屋があって、それぞれ多くのお客さんで賑わっています。
もちろん、来店客の大半は観光客です。最近では国内だけでなく海外からの観光客も多いので、以前より国際色豊かに賑わっている印象です。
これが本当の、「国際通り」ですね。

こうしたお店の魅力づくりは、沖縄の特色をうまくいかしていて絶妙だと思います。お客さんはその民謡ライブがお目当てなので、おそらく料理の味にまであまり関心がないと思うので(間違ってたらすいません!)、いかに沖縄に来たという実感を味わえるかだと思います。
そんな人たちの要求に見事に応えたのが、民謡ライブ居酒屋というわけです。

磯一グループの「海の家」では、魚市場の競りになぞらえてお客様同士で高級な食材を競り落として食べていただくというイベントを開催しています。
これも「魚を楽しみに来た」というお客様に、魚市場の雰囲気を楽しんでほしいという思いからです。
沖縄のライブ居酒屋と、基本的な発想は同じです。

それまで会話も少なめに食事をされていた方々が、競りが始まるとお喋りが盛り上がるというシーンは何度も見ました。
沖縄のライブ居酒屋でも、それは同じです。ライブが始まれば自然に手拍子や「イーヤーサーサー」という合いの手も出てくることでしょう。
食事をいかに楽しいエンターテイメントにするかというのは、外食産業全体の大きなテーマなので、これからも色々と提案していきたいですね。

議論が沸騰している「いざか族」について

こんにちは、中野です。
意外に暖かい日が続いているかと思ったら、今度は一転して急に寒くなってきました。やはり季節というのは確実に移ろっているということですね。
外食産業としては急に寒くなるとお客さんの足が鈍ってしまうのですが、やはり季節は暦通り移ろってくれたほうが最終的にお客さんが多くなるので、助かるというのが本音でしょうか。

さて、今回はネットでちょっとした議論になっている「いざか族」について語ってみたいと思います。
まずは、この「いざか族」という言葉について。これは、居酒屋に来店する家族客のことです。とりわけ、子供を連れて来店する家族のことを指します。もっと厳密に言うと「夕食を居酒屋で食べる家族客」という意味合いになるようです。
これが問題になっているのは、やはり子供とお酒の関係です。もっぱらお酒を楽しむためのスペースに子供を連れてきて教育上の問題はないのか、というわけです。

私の個人的な見解ですが、これってそんなに珍しいことなのかな?と思います。
チェーン型の居酒屋であれば珍しいかも知れませんが、下町にあるような小さな居酒屋では近所の人が子供を連れて夕食を食べにくるという光景は珍しいことではありません。
まさかそこで子供にお酒を飲ませるわけでもなく、ファミリーレストランに行くのと同じ感覚です。
最近ではタバコを吸う人も少なくなったので、受動喫煙の心配も前ほどないように思います。

これに異を唱えている人の言い分は、だいたいこんな感じです。
特に年配の人が怒っているそうで、「アルコールのあるところに子供を連れてくるとは!」ということのようです。
でも家で飲む習慣がある家庭の場合は毎日のように家でお父さんが晩酌をしているわけで、それもアルコールのある空間ですよね。

子供もいずれ大きくなって居酒屋に親しんでいくということを考えると、子供のうちから大人に連れて行ってもらう形でそういう空間を見ておくのも良いのではないかと思います。
居酒屋を経営している側としては、そういうお客さんが増えるのは決して悪いことではないですし。
ただ、深夜に子供を連れて行くというのはやはり発育上の問題もあると思うので、そのあたりの節度は必要になるとは思います。

サッカー日本代表 志事 磯一

サッカー日本代表が見せてくれた志事

こんにちは、中野です。
昨日はサッカー日本代表の試合が盛り上がりましたね!予選リーグの首位を走るサウジアラビアが相手ということもあって負けを覚悟した人も多かったのではないでしょうか。
そんな大一番の試合で日本代表の選手が見せてくれた志事がとても素晴らしかったので、そこを大いに褒めたいと思います。

これまでの成績を見ると、サウジアラビアの強さは明白でした。
日本ももちろん欧州組など世界で戦うメンバーがそろっているので決して弱くはないのですが、サウジアラビアの選手にはとても分かりやすい「ニンジン」がぶら下がっていました。
スポーツ大臣が言うには、サウジアラビアの選手が活躍して結果を出した暁には「お金を渡す」ということで、選手たちはお金という非常に分かりやすいご褒美に奮い立って好成績を残しているという噂もあります。
日本人にはあまりない感覚ですが、貧富の差が激しい国ではこういうご褒美が大きな力になります。

その一方で、日本代表の選手たちはどうでしょうか。
結果を出したところで金銭的なメリットはそれほどありません。その前に、世界で活躍する選手たちは高額の年俸をもらっているので、今さらお金のために奮い立つということはおそらくないでしょう。
では、何のために頑張るのか?
それは、自分たちチームのためであり自分たちを応援してくれるサポーターのためであり、そして自分たちの祖国である日本のためです。
これって、ものすごくカッコいいことだと思うんです。もちろんプロなのでお金のために頑張ることは当然なのですが、それよりも大切なものがあるというのはアスリートとして幸せなことです。

試合を見ていて、サウジアラビアの選手は個人プレーが目立ちました。自分が結果を出してお金をもらいたいという思いが前に出ているので、ああいうプレーになるのでしょう。
それに対して、日本の選手は全員が一丸となってゴールを目指していました。お金という目的で個々が努力をするチームと、「勝つ」という1つの目的に向かってゴールを目指すチーム。結果はご存知の通り、日本の勝利となりました。
しかし、結果は2-1。終了間際に1点を返されたのですが、この執念にも選手たちの「金持ちになりたい」という執念が見えた気がします。

何を目標にするにしても、アスリートが命がけで勝利を目指す姿は見ている者を感動させます。
そんな中で、一番カッコいい戦いを見せてくれた日本代表の選手たちは、身をもって志事の素晴らしさを表現してくれたと思います。

お疲れさまでした!そして、見事な勝利おめでとう!

1 2 3 4 5 19 20